archive: 2008年07月  1/1

事務所の夏の・風・物詩

お久しぶりです。皆様いかがお過ごしでしょうか? アクリ屋ブログ日記担当です。夏本番ですが猛暑だったり豪雨だったり大変な気候が続いてますね。 毎年この季節になると我が事務所内で始まる風物詩、「風量争い」の様子を少しだけお伝え致します。上の写真が「風量争い」のもとの扇風機。事務所内を囲むように3台あります。室内にはエアコンもあるけれど残念ながら効きが悪くこの扇風機を併用している状況。 扇風機の風が回る...

  •  0
  •  0

角度鏡面加工機で重厚感を

みなさん、こんにちは。アクリ屋探検隊です。 『アクリル板の端面を平らなままではなく、少し表情を付けたいな~。』という時に、端面にテーパー加工を施して雰囲気を出すことが出来ます。今回はそのテーパー加工に使用している「角度鏡面加工機」を紹介したいと思います。「角度鏡面加工機」とは、 アクリルの板を自動送り装置固定板の上にセットして、 自動で送りながら複数の刃のついたカッターで斜めに角度をつけ、 荒削り&rar...

  •  0
  •  0

フォトフレーム テーブルトップにハガキを入れてみました

皆様、こんにちは。アクリ屋ブログ新製品レポート担当です。梅雨があけました!夏ですね!暑いですね!毎朝の自転車通勤で朝からフラフラですが、夏だからしょうがない!なんて自分に言い聞かせて頑張ってます。いかがお過ごしでしょうか?アクリ屋に新製品「フォトフレーム テーブルトップ」が追加されました。今までのフォトフレームにはない集光ピンクが目を引く新しいタイプですが、皆様、ご覧になって頂けましたでしょうか?...

  •  0
  •  0

レコード額へ眠っているLPジャケットを

アクリ屋ブログをご覧の皆様、こんにちは。新製品担当です。横浜の梅雨明けはいつになるのか気になる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。今回の新製品レポートは「レコード額」をご紹介致します。僕はCD世代なのでレコードは1枚も持っていません。父親が何枚か持っている(確か海援隊だったかな?)ので何度か聴いたことがあるのですが、レコードがぐるぐるまわるのをじっと見るのは楽しいですよね(もちろん音楽も素敵...

  •  0
  •  0

ミニルーターは手軽で便利な切削研磨工具

皆様、こんにちは。アクリ屋ブログDIY実験室担当です。段々と暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。今回のDIY実験室は「ミニルーター(ミニリューター)」のご紹介です。模型制作や手芸が趣味の方には、かなりお馴染みの工具ではないでしょうか?そんな僕も、模型制作時のバリ取りなど、いつもお世話になっています。一度この便利さを味わってしまうと、使わない生活にはもう戻れないですよね。見た目は小さいですが、...

  •  0
  •  0

マシニングセンターは1/100の精度で加工可能

みなさん、こんにちは。アクリ屋探検隊です。今回はアクリルの複雑な加工や高精度が求められる加工に使用している「マシニングセンター」の紹介です。「マシニングセンター」とは、自動工具交換機能をもち、目的に合わせてフライス加工、角抜き加工、タップ穴・サラザグリ穴・キャップボルト用ザグリ穴などの穴加工、斜めカットなどの異なる加工を1台で行うことができる工作機械です。おもに切削加工を目的としています。ATC(...

  •  closed
  •  closed

クリステンドでアクリルをステンドグラス風に

今回のDIY実験室は「アクリサンデー クリステンド」をご紹介いたします。アクリル板やガラス板・ビン等に、ステンドグラスの輝きを手軽に彩色できる、とても面白い商品です。早速、手順をご紹介いたします。ステップ1.油性マジック等で下絵(ガイド線)を書きます。書き終わったら、線に沿ってラインマーカー(黒色クリステンド)でなぞっていきます。30分以上乾かします。ステップ2.黒色ラインマーカーが完全に乾いたら、カラ...

  •  closed
  •  closed

フォトフレーム テーブルトップが発売になりました

アクリ屋トピックス更新情報アクリ屋オリジナル商品に「アクリルフォトフレーム テーブルトップ」が追加されました。L版サイズ(127mm x 89mm)専用で、色はクリアー・グレースモーク・集光ピンクの3色からお選び頂けます。厚板で挟み込んだ写真は、まるで中に浮かんでいるかのように見えて、とても不思議な感覚になります。ダイニングやリビングの卓上用フォトフレームとしていかがでしょうか。フォトフレーム(テーブルトップ)...

  •  closed
  •  closed