【今月のお勧め商品】

夏のアクリルDIY工作に欠かせない工具・用品
             
  エンジニア糸ノコ(自在型)   アクリサンデーミラー調スプレー   IROMIZU(イロミズ/色水)  
  エンジニア 糸ノコ
(自在型)
  アクリサンデー
ミラー調スプレー
  装飾用透明カラーシート
IROMIZU(イロミズ)
 
  固定する刃にあわせて
フレーム長が調整できる
自在型の糸ノコ
  透明なアクリル板の
裏面にスプレーするだけで
表面がミラー調に早変わり
  合計42色からなる
カラークリスタルのように
美しい装飾用カラーシート
 

アクリル低反射板(ノングレア板)のページを大幅リニューアル!

【アクリ屋トピックス更新情報】

アクリ屋ドットコムのアクリル板材料にある「アクリル低反射・薄板」のページを、大幅にリニューアル致しました。

アクリル低反射板(ノングレア板)には、安価で拡散性に優れる「ノングレア76300」を新たに追加し、「ノングレアNo.1」と共に端面仕上も選択可能なフリーカットに対応致しました。


■ギラつきや映り込みを軽減
投射される光を適度に透過して、表面のギラつきや照明の反射、映り込みを少なくする優れた性質を持っています。

■耐久性が高く、歪みが少ない
表面は塗装やフィルムなどの2次加工では無く、表面の微細な凹凸によって低反射特性を持たせるキャスティング製法の為、耐久性が高く歪みが少ない他、光の拡散性に優れます。

■目にも優しい
ディスプレイカバーに使用され、目を疲れ難くする効果があり、画面の保護にもなります。

■フリーカットに対応
安価で拡散性に優れる「ノングレア76300」を新たに追加し、「ノングレアNo.1」と共に端面仕上も選択可能なサイズオーダーに対応致しました。


表面のギラつき、反射や映り込みを軽減する性質を持つ「アクリル低反射板(ノングレア板)」を、是非ご利用下さい。


□製品詳細□
製品名:アクリル低反射板(ノングレア板)
種類:クラレックス ノングレアEX30/クラレックス ノングレアNo.1/カナセライトDT ノングレア76300
規格サイズ:クラレックス ノングレアEX30(550x400mm)/クラレックス ノングレアNo.1(1000x1000mm)
フリーカット対応:クラレックス ノングレアNo.1/カナセライトDT ノングレア76300

□関連記事□
液晶保護パネル(ノングレア低反射)の魅力をご紹介(2011.07.06)

nonglare_2016-500.jpg



DIYキャンペーン中につき、久しぶりにアクリルDIYに挑戦中(!)

こんにちはー。ダンボの耳。
(こんにちはー)
ありがとう。そして、ありがとう。

涙はいつか止まります。
前を向いて進んでいきましょう。

先ずは前回の記事をご紹介(笑)

DIYキャンペーン中につき、久しぶりにアクリルDIYに挑戦中(笑)→(涙)


前回お恥ずかしい仕上がりのモノをお見せしたかと思いますが、本来の用途は「ムエットを置く台」だった訳です。
自分でもすっかりぽっくり忘れていました。
それを紹介しないと終われないですよね。
なので、置いてみました。

diy-parfums-21.jpg

なんか全然意味がないような気がしないでもない・・・
でも、作ったからには使わない訳にもいかない・・・
どぼちまちょ。(意味:どうしましょ)
昔、どぼちてどぼちてー、なんてのが口癖のキャラがいたようないなかったような。
どぼつん。

ムエットの時は特に意識していなかったのですが、今回作ったモノを手で持ってみると、これがなかなかに収まりが良いのです。
厚みがある分、持ちやすい。
こんな感じで。

diy-parfums-22.jpg

端面がかなりガタガタなので糸面取りはし辛いのですが、流石にそのままだと痛いので、一応糸面取りはしています。
ってか、して下さい。

で、これ、思ったのですが、アクリサンデーの「ミラー調スプレー」で塗装すれば、「手鏡」になると思いませんか?
サイズ感も丁度良い具合だし。
他にも、リフレクターシールを貼れば「反射板」にもなりますし、穴をあけて「キーホルダー」や「ストラップ」にしたりとか。
流石にちょっと大き過ぎるかな?
IROMIZU(装飾用透明カラーシート)」を貼ったり、装飾をしたり、「ミニルーター」で彫刻したり。
ありきたりかもしれませんが、何だってできる気がしませんか?

「DIY」、ですよね。
「DIY」、やってます。
「DIY」、楽しいです。←これ、大切あるよ。

正直に言うと、久しぶりにアクリルDIYをやってみて、結構楽しんでます。
歪で不恰好でも、可愛く感じる訳ですよ。
だって、自分で作ったモノですから。

ところで、端面の処理は?しないの?
いいえ、しません。する気もありません。
だって、面倒ですから・・・

と言うのは冗談で、なんかこの歪でガタガタした形状が、「ギャルソンっぽい」とか思ってしまったのです。
だって、「アンチパルファム」ですから。
意味不明とか言わないで下さいね。

そしてそして、実はアクリルDIYはまだまだ続きます。
ここまできたら、色々と試してみましょう。
社内にあるものをフル活用。ないものもフル活用(自腹)。

それでは素敵なDIYライフを!



DIYキャンペーン中につき、久しぶりにアクリルDIYに挑戦中(笑)

こにゃにゃちわ。
古いよ、古い。

タイトルの(笑)にはそれなりに意味があります。
だって、ねえ、流石に・・・(笑)
普段「(笑)」なんて一切使いませんが。
始める前に、前回の記事をご紹介。

DIYキャンペーン中につき、久しぶりにアクリルDIYに挑戦中

見たいですか?
見たいですよね、見せてあげます、見せてあげますとも!
上から目線でごめんなさい。

ちなみに、抜け殻。

diy-parfums-16.jpg

そして、できあがったモノがこちら。
ほら、でけたん。

diy-parfums-17.jpg

意外と普通に見えますよね?
特に問題なく切り出せたと思います。
でも、端面を見ると・・・

diy-parfums-18.jpg

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、かなり刃物の痕が残っているかと思います。
前にちらっとお話したと思いますが、螺旋糸ノコ替刃は刃物が細くて丸い分、どうしても刃物の痕が細かく残ってしまうのです。
それと、糸ノコの角度によって、痕の向きも変わってきます。
縦気味に切ると縦に、寝かせ気味に切ると斜めに。当たり前ですが、刃物の向きに沿って痕が残ります。
良い点もあれば悪い(とまでは言わなくても)点もあるという事です。
ただ、端面はヤスリを使って処理をすれば、多少の手間は掛かっても綺麗になりますので、その点はご安心下さい。

では、マスキング(保護紙)を剥がしてみましょう。

diy-parfums-19.jpg

ついでに接写。

diy-parfums-20.jpg

はい、歪な形状になっているのがバレバレですね。
特に直線部分が。
折角なので、以前ご紹介したマシニングで加工したモノを見てみると・・・

diy-parfums-3.jpg

比較すると、歪なのが余計顕著に・・・
いやー、マシニングすげー。やっぱりマシニングすげー。

正直なところ、自分でもビックリです。
もうちょっと綺麗にできるかと思っていたのですが、この有り様。
ホント自分に対して「(笑)」ですよね。

ちょっと凹んできたので、今回はここまでにします。
涙が出てきたよ・・・

それでは素敵な週末を・・・




□紹介製品□
アクリル端材セット

自在型のエンジニア糸ノコ

螺旋糸ノコ替刃




DIYキャンペーン中につき、久しぶりにアクリルDIYに挑戦中

ぐーてんたーく。
なますてー。
はろー。
こんぬつは。

しつこい。

さっさと始めますよ。
その前に前回の記事をご紹介。

DIYキャンペーン中につき、久しぶりにアクリルDIYに挑戦します(真面目に)

あれですよ、これから面白くなるってところで、続きは次回!みたいな。
まぁ、○○○○ボールみたいに、火山どかーんとか何かがどかーんみたいに、時間稼ぎはしませんが。
そもそもアニメじゃないし・・・
アニメじゃない・・・?この辺でやめておきます・・・

今度こそ始めます。

diy-parfums-9.jpg

ん、この写真、前回の記事の写真だよね?
はい、そうです。
ほら、回想シーンってのがあるでしょ。復習するのに必要なんです。
ドラゴン○○○とかみたいに、だおpy9うy8fp9じぇあぽいうf・・

切り続けていくと・・・

diy-parfums-10.jpg

窪みの場所にきました。
ここでちょっとストップ。
使っている刃物が螺旋形状になっているのですが、それはつまり360度好きな方向に加工ができるという事なのです。
こんな感じに。

diy-parfums-11.jpg

注目!
糸ノコの向きに注目!
直線に進んでいた時と、糸ノコ本体の向きが同じになっているのがお分かり頂けますでしょうか。
写真を撮るから、ではなくて、実際にこの向きで加工をしています。

要は無理矢理(むりくり?そもそもむりくりって何よ)向きを変えなくても、好きな方向に進んでいける訳です。
形状が凹んでいる場所に、前もってドリルで穴をあける必要もありません。
これは通常の刃物ではできないやり方です。折れますよ、まじで。
自由な形状に加工するには、断然この螺旋の刃物がお勧めです。
もちろんマイナス面もありますが、それはまた後程。

では、進めましょう。

diy-parfums-12.jpg

半分くらいの所まできました。
結構切粉がでていますね。
そして、微妙にこの切粉が熱い・・・

diy-parfums-13.jpg

diy-parfums-14.jpg

もう少しで終わりです。
写真を撮影する関係上、アクリル板を手で押さえていませんが、作業する時には板のブレを抑える為に、手で押さえる事をお勧め致します。
でも、くれぐれも手を切らないように気を付けて下さいね。

diy-parfums-15.jpg

最後の直線部分。
実は直線が一番難しかったりする訳で・・・

diy-parfums-16.jpg

切り終わりました。
ふぅ・・・

撮影しながら(時々呼び出しをくらいながら)だったので、正確にはわかりませんが、所要時間は5~10分程度でしょうか。
刃物を速く動かし過ぎると、切粉(板)が熱を持って溶けてしまうので、ある程度はゆっくり進める方が良いかと思います。
実は溶けた切粉に刃物が挟まって、1本折れてしまったのは内緒です。
決して誰にも言わないで下さいね。
刃物が捻じれている分、通常の刃物よりもちょっと弱いかもしれません。

で、肝心の切り出したアクリルは?
どこにあるのん?

うふふ・・・
大切なものは、目に見えないんだよ。※意味が違う
引き延ばしますよ、どこまでも。

と言うことで、できあがったモノは次回ご紹介致します。
お楽しみに。
それでは素敵なDIYライフを!




□紹介製品□
アクリル端材セット

自在型のエンジニア糸ノコ

螺旋糸ノコ替刃



プロフィール

アクリ屋ドットコム

「アクリ屋ドットコム」

新製品のご案内、製品の使い勝手のレポート、アクリルDIYの工作や実験、技術紹介、日記を掲載するアクリ屋ブログ

アクリル専門サイト

アクリ屋ドットコム

フレーム専門サイト

アクリ屋ドットコム フレーム支店

樹脂加工専門サイト

株式会社さくら樹脂

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

アクリ屋新製品

ポリカーボネート拡散板「アロマブライト」フリーカット
ポリカーボネート拡散板
アロマブライト
<フリーカット>

透過性能を追及した拡散グレードの白色系ポリカーボネート板

塩ビパンチング板フリーカット
塩ビ パンチング板
<フリーカット>

水槽のフタやセパレータ、飼育ゲージの部品など、多用途に使える穴開き板

貴名受(名刺入れ)
貴名受(名刺入れ)
展示会場・ショールーム・個展等のイベントの受付に最適な貴名受

アクリル壁面棚(壁掛けウォールラック)
アクリル壁面棚
(壁掛けウォールラック)

壁に取り付けられるアクリル壁面収納棚が<セミオーダー>に対応

ポスターフレーム屋外用(簡易防水仕様)≪セミオーダー≫
ポスターフレーム屋外用
簡易防水仕様
<セミオーダー>

屋外で使える簡易防水仕様のポスターフレームが<セミオーダー>に対応

IROMIZU(イロミズ/色水)
IROMIZU(イロミズ/色水)
カラークリスタルのように美しい全42色の装飾用シート

ミニ色紙額
ミニ色紙額
サイン色紙や記念色紙などのミニ色紙に最適な専用フレーム

アクリ屋取扱製品

アクリル板材料
アクリル板材料
規格サイズ/フリーカット

アクリルDIY
アクリルDIY
板材加工/パイプ加工

アクリル工具/用品
アクリル工具/用品
工具/用品/部品

LED光アート
LED光アート
ライトパッチ/ライトステージ

ポリカ/ポリスチレンDIY
ポリカ・ポリスチレンDIY
材料/加工

ポスターフレーム/フォトフレーム
アクリルフレーム(額類)
ポスター/フォト/イーゼル

アクリル専用額/特殊額
アクリル特殊額(ケース)
専用額/特殊額/立体額

コレクションケース
コレクションケース
箱型ケース/ディスプレイケース

PC周辺用品
PC周辺用品
キーボードラック/テーブル

家具雑貨/ペット関連
家具雑貨/ペット関連
ケース/ラック/ケージ

リビングプラス
リビングプラス
デザイナーズアイテム